社労士とは

社労士とは社会保険労務士(社労士)は、労災保険や雇用保険、健康保険、年金などをはじめとし、以下で解説する内容の専門家として仕事をしています。

その仕事は、入社から退職までに必要となる手続や職場のトラブルに関する相談、年金相談など広範囲に及びます。

この中には、子どもが生まれたときの手続きやケガや病気で働くことができないときの手続きも含まれます。

社労士は、経営者や労働者だけでなく、その家族も含めて、子どもの誕生から老後の年金まで、「ヒト」の一生を支える専門家として活動しています。

社労士の役割

社労士は、労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家として、企業経営の3要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、ヒトの採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、さらに年金の相談に応じる、ヒトに関するエキスパートです。

社労士の定義

社労士は、社会保険労務士試験に合格した後に連合会に備える社会保険労務士名簿に登録することで、プロとして社会で活躍しています。

社労士の定義は「社会保険労務士法に基づき、毎年一回、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ、2年以上の実務経験のある者で、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録された者」と法律により定められています。

社労士の主な業務
労働社会保険手続業務

労災保険や雇用保険、健康保険、年金など会社が行う手続のお手伝いをします。

・就職から退職までの各種手続書類の作成、提出
・労働社会保険の適用
・労働保険の年度更新
・社会保険の算定基礎届
・各種給付金、助成金などの申請
・労働者名簿、賃金台帳等の調製

~さらに~
電子申請に対応しています
社会保険労務士の全国組織である全国社会保険労務士会連合会は、政府が掲げる電子政府推進に向けた取組みに対応すべく、士業初の認証局を設置しました。社会保険労務士は、労働社会保険の事務手続の電子申請を積極的に活用し、適切かつ迅速な処理に努めます。

適切な個人情報管理を行います
労働社会保険手続は、企業にお勤めの皆さまの個人情報を取り扱う業務です。社会保険労務士には法律で守秘義務が課されておりますが、より適切な取り扱いを図るため、全国社会保険労務士会連合会が、独自の個人情報保護制度(SRP認証制度)の導入に取り組んでいます。

労務管理の相談指導業務

職場のトラブルを未然に防止し、労働者の皆さんが「いきいきと職場で働く」ことのできる職場環境づくりをお手伝いします。

・就業規則の作成、見直し
・雇用管理・人材育成などに関する相談
・人事・賃金・労働時間の相談
・経営労務監査
年金相談業務

将来もらえる年金の見込額や手続の方法等についてご相談に応じます。
・年金の加入期間、受給資格などの確認
・裁定請求書の作成・提出

紛争解決手続代理業務

※「特定社会保険労務士」のみ行える業務です。

・あっせん申立てに関する相談及び手続
・代理人として意見を陳述
・相手方との和解のための交渉及び和解契約の締結の代理

~特定社労士とは~
職場のトラブルは、これまで裁判で解決するのが一般的でしたが、裁判は多くの時間を費やすうえ、経営者と労働者の間に「勝った」「負けた」の関係を生み出してしまいます。
そこで、最近では、裁判によらない解決手段として、ADR(裁判外紛争解決手続)が活用されるようになっています。ADRは、当事者同士の話し合いにより解決を目指す制度です。特定社労士は、このADRのうち個別労働関係紛争にかかる業務を行うことができます。
補佐人の業務

・裁判所において、補佐人として弁護士とともに出廷し意見を陳述することができます。

Copyright© 2017 鹿児島県社会保険労務士会 All Rights Reserved.